ダイエットで健康的な美しい自分になろう〜スッキリスリムに美しく〜

お腹

内側から痩せる

ダイエット

体内温度を上げる

体脂肪や内臓脂肪の燃焼促進によって、身体の内側から健康的に痩せるには、運動と食事による組み合わせダイエットが理想とされています。しかしながら、多くの現代人にとって、生活習慣の見直しが難しいため、整形によるテクニックでダイエットに結び付けることが可能となります。整形外科クリニックにおいて、メリハリある筋力の活性化を図ることや、体内の毒素を排出させることも技術と知識と機器によって可能としています。さらに痩せるだけではなく、様々な悩みまでを解決できる魅力も備わっており、代謝を促進させることにより、冷え性改善や燃焼効率を飛躍的に高めるなど、自己流ダイエットとは一線を引いた体質改善が図れるのも整形術ならではのテクニックです。例えば、デトックスによるダイエットでは、体内で熱源を発生させる必要があり、サウナなどは体外が熱源であるために深部にまで作用せず、体型戻りが早いデメリットが挙げられています。高周波エネルギーによる整形術の利用により、脂肪の抵抗で起こる摩擦熱を体内で発生させ、各組織の温度を上昇させ、身体の深部から加温効果を高められます。豆知識として、深部の温度を3度上げることによって、代謝や血行、活性酸素の排除がスムーズに行われ、体脂肪や内臓脂肪の意識しなければ落ちない脂肪を落とすことが可能となります。

体質などによる制限

整形外科クリニックにおいて、痩身ダイエットを可能とする部位にも制限が設けられています。もちろん、希望や要望を伺い、結果に繋げるための施術を提案しているものの、痩せ過ぎや太り過ぎなど、極端な体型や部位によっては整形術を受けられない場合があります。また、整形による施術での注意点となるのが、リバウンドを招く場合がある点です。体内の脂肪細胞の内、白色脂肪細胞と呼ばれる大部分にあたる脂肪は、蓄積させる袋でもある油滴で作られています。この油滴にダメージを与えなければ、いくらでも脂肪が取り込まれてしまい、結果、内臓脂肪やコブのような塊を作り出し、脂肪吸引術などの効果を元の状態へと戻してしまいます。また40代からの中年層では、メタボ対策としてダイエットが行われているものの、自己流では動脈硬化などの健康リスクが高まるため、メタボ対策に特化した施術を行う必要が挙げられています。例えば、原因となるのが内臓脂肪の蓄積であるため、脂肪を溶かして減らすことが提案されています。しかしながら、その他にも内臓脂肪にアプローチできる整形術が提案されている点にも気を配る必要があり、分解や代謝を高めて減らすなど、脂肪量や体質で施術を行うことに注意が必要となります。