ダイエットで健康的な美しい自分になろう〜スッキリスリムに美しく〜

お腹

痩せにくいを解消

ダイエット

エネルギー効率がポイント

近年のダイエットの研究において、太る原因の解明は日々進められており、運動不足や暴飲暴食などが太る原因の主たるものですが、遺伝子の異変によっても太りやすい体質へと繋がっていることから、今後、ダイエットに遺伝子研究が加えられる見通しが立っています。痩せやすい身体を作り出すには、エネルギー代謝が最も重要視されています。整形によるダイエットにおいても、太りにくい身体に整えるためには、基礎代謝を高める必要性が挙げられています。この代謝に関わる遺伝子に異変が起きることにより、基礎代謝量が減少し、ダイエットや整形によって作り出したボディも戻りやすく、逆に太りやすい体質へと変えてしまいます。脂肪組織の表面に存在していることもあり、今後はこのエネルギー代謝に深く関わる遺伝子にアプローチする内容の整形術が提案され、展開されていく見通しです。1人1人で基礎代謝率の値は異なるため、それぞれの目的別に脂肪へのアプローチを進める流れであり、これまで同様、吸引法や溶解法はもちろん、脂肪を揉み解して代謝を促進させる施術や、摂取した脂肪の吸収を抑制させる方法が取られます。促進や抑制はカウンセリングなどによって見極められ、1人1人のダイエット効果を高める働き方が可能となる点で注目を集めています。

脂肪細胞にアプローチする

整形外科クリニックでは、痩身に対する知識を豊富に持つドクターによって、憧れや理想を目に見える形として提供してくれます。しかしながら、近年のダイエットの目的の中には、美しさよりも健やかな身体作りを目的とし、ボディラインの造形よりも脂肪を減らすことを求めている傾向にあります。こうした背景やニーズにより、整形術を展開するクリニックの質自体も変わりはじめており、中高年の男女のダイエットをサポートするクリニックが増えはじめています。痩せにくさを感じる年代となる中高年では、その原因に褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞との関わりが挙げられています。白色脂肪細胞は、下腹部やお尻、太ももや内臓のまわりに存在していて、なかなか落ちにくい中性脂肪の形でも蓄積される働きがあります。逆に褐色脂肪細胞は、首や肩甲骨、心臓や肝臓などに存在していて、体内に蓄積されたカロリーを熱変動させ、太りにくい体質へ導く働きを担っています。痩せにくさを感じている中高年の場合、この脂肪細胞にアプローチできる整形術を受ける工夫1つで、食べても太りにくく、軽い動きだけで脂肪燃焼効果を高められるなど、ダイエット効果を格段に高めることに繋げられます。