ダイエットで健康的な美しい自分になろう〜スッキリスリムに美しく〜

お腹

手術による大幅な減量

先生

脂肪吸引による減量

巷には様々なダイエット方法が溢れています。流行のように表れては消え、たまに成功者が多くなり定着する方法が表れたりします。モデルなどの芸能人やカリスマトレーナーなど、時代によって様々なダイエットリーダーがメディアを賑わせます。しかし、どんな方法でも、摂取エネルギーより消費エネルギーを多くして体脂肪を燃焼させるということが、全てのダイエット方法に当てはまります。ダイエットというのは、生命を維持する生体の働きの特徴に抗うものなので、どんな方法であっても大変で、時間もかかり、苦痛も伴います。その基本から外れた方法が、脂肪吸引に代表される、整形による減量です。海外では何百キロもあって身動きさえ出来ない巨体の人、生活習慣病などで早く痩せないと生命の危険も及ぶほど太ってしまった人などが多く利用していますが、ただ楽に短期間で痩せたいためにも、脂肪吸引は行われています。通常のダイエットではなかなか難しい部分痩せには有効で、上半身は痩せているのに下半身が太っているなどの、体型がアンバランスな人にはニーズが増えています。他の美容整形よりも大がかりな手術になるので当然医療費が高額にかかり、健康保険も適応されないことが多いため自己負担になります。しかし、結果としてコンプレックスの解消ができ、自身を持つことが出来る為、多くの人が利用しているのです。

脂肪吸引の特徴

脂肪吸引の中には、ウエストや脚などの箇所から吸引した自分の脂肪を再利用し、胸に注入する豊胸という整形方法もあります。この方法は自分の体の一部を使うので拒絶反応の心配が少ないというメリットがあります。減量と豊胸の手術が一回で済むため、大幅に自分の見た目を変えたい人にはニーズがあります。しかし、この方法でも時間がくれば、注入した脂肪が全身に均等に回ってしまうことを避けることは出来ません。人体は一カ所に脂肪をためるようには出来ていないため、数年もすれば豊胸の効果はなくなってしまってもおかしくありません。今では気軽これは生理食塩水などを使った豊胸にも同じことが言えます。これらのことはデメリットとして考えられがちですが、それゆえに安全性が高いといえるのです。効果が無くなってしまうとわかっていても、期間限定で体型を変えたいという要望は一定数の人にはあり、ある程度のニーズがあります。しかし、整形による大幅な減量は問題点もあります。時々、美容整形外科での事故が報道されていますが、医療ミスが原因となっているケースがあるのです。このようなトラブルを避けるには、大幅な脂肪吸引を避け、脂肪吸引は減量の始めとして、動きやすい体なったら後は自力で減量するくらいの心構えでいるのが有効です。また、信頼の置ける医師を見つけるということも忘れてはいけません。信頼の置ける医師のもとで、安心して治療をうけましょう。